前へ
次へ

弁護士になるための勉強法

これは、司法試験に向けた受験合格用の勉強ということで、通常の講学上のものとははっきりと違います。そして、その修得のために、別途、大学の内部や専門の予備校で、対策問題や講義を受講するなりで、どうしてもそのようなグループに所属しての勉強法がいまや主流となっています。そこでは、試験対策の平準的な素養を養うようになります。難関である司法試験に合格すると、司法修習のあと、特に成績優秀者は裁判官・検察官へと任官していきますが、それ以外は、弁護士として、在野に飛び出していくことになります。そして、そこでは、商売に対する社会感覚も身に着けなければなりません。机上の勉強法とは別の、人間的な容量が要求されるようですので、成績は悪くとも大成する人たちは数多くいます。

Page Top