前へ
次へ

弁護士の勉強法について

弁護士になるためには普通の勉強法ではだめだと言われているが、なぜそのように言われているのかというと、暗記しなければならないこともたくさんあるが論述までもしなければならなくなっているからです。このことから言うと、普段の自分がしている勉強だと時間がいくらあっても足らないということが丸分かりとなっていて、対処はできるだけ早くしないといけないとされています。そこで、弁護士になるためのより良い勉強法というものは、どういうものであるかというと、大事なところから徹底的に覚えていくというものです。それは、覚えなけえればならないことはたくさんあるのであるが、優先順位トいうものがあるので、そのことにしたがってすれば良いのです。

Page Top