前へ
次へ

司法試験の勉強法について

弁護士になるための第一関門が司法試験です。司法試験に合格するためには、予備校などに通うのが一般的です。具体的な勉強法としては、繰り返し問題を解き、知識を蓄えるようにするということが重要になります。複数の教科書ではなく、1つの教科書や問題集に絞り、覚えることにより問題を解くことが出来るようになります。基本的な知識を身に付けた上で、その他の対策を講じるということが重要になります。このような勉強法は司法試験に限った方法ではなく、どのような教科・試験の学習にもつながる方法と言えます。一つ一つの作業としては、単純なことですが、モチベーションを保ちつつ、学習を積み重ねていくということが非常に重要になります。

Page Top